Rasberry Pi 2で温湿度センサーの情報を収集する

Raspberry Pi2に、
まずは温湿度センサー(DHT11センサー)を取り付ける。
DHT11センサーの結線方法は、こちらを参考にするとよい。
LEDが点灯したらとりあえず、5VとGNDピンが正常に結線されていることが分かるので、DATAピンが正しく結線されていることを確認する。
こちら↓
蓋なし.jpg
を参考にしても良いと思います。

#!/usr/bin/env python
import RPi.GPIO as GPIO
import dht11
#define GPIO 14 as DHT11 data pin
Temp_sensor=14
try:
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
instance = dht11.DHT11(pin = Temp_sensor)
while not ‘result’ in locals() or result.humidity==0:
result = instance.read()
if result.is_valid():
print(“Tem:”+str(result.temperature)+” C Hum:”+str(result.humidity)+”%”)
else:
print(“error”)
except KeyboardInterrupt:
pass
finally:
GPIO.cleanup()

これをget_temp.py として、

python get_temp.py

と実行して、

Tem:20 C Hum:40%

などと表示されれば温湿度が取得できていることが分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です