アーカイブ:  « 2011年4月 | メイン | 2011年7月 »

2011年5月31日

CentOS 5.5にPHP 5.2をインストールする

CentOS 5.5のリポジトリでは、PHP 5.1.6までしかインストールできない。
PHPならびに対応するmemcachedのライブラリのインストール方法について「CentOS5.2にPHP5.2.6とmemcachedをインストールする」に記載があるので、こちらを利用するとよい。

ちなみに追加したリポジトリは次の通り。/etc/yum.repos.d/CentOS-Testing.repo として保存するとよい。
[c5-testing]
name=CentOS-5 Testing
baseurl=http://dev.centos.org/centos/$releasever/testing/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing
includepkgs=php*
priority=1

2011年5月29日

Postfix + POP before SMTP

SMTPの認証にPOP before SMTPを利用する機会は減ってきていると思うが、過去の互換性から利用を継続しなければならない場合も多い。

Cent OSにて導入をするためには、
pop-before-smtp-1.41-2.el5
compat-db-4.2.52-5.1
のRPMパッケージを導入したうえで、

pop-before-smtp-conf.pl, Postfix の main.cf を設定することとなる。

設定方法は、Fedora CoreでPostfixとDovecotでPOP before SMTPが参考になる。

2011年5月 4日

パスワードを移行する

UNIXのパスワードはハッシュ化して保存されているので、利用者の人に再度登録をしてもらうか、パスワードファイルを移行するしかない。

今回、Fedore Core6(32bit)からCent OS5 (64bit)へ以下の手順で行ったところ、正しく移行ができた。
1. /etc/shadow は直接編集できないため、 /usr/sbin/pwunconv を実行して、shadowファイルを無効化する。
2. /etc/passwd にある :で区切られた2フィールド目(未設定の場合には!!が設定されている)の箇所を移行元のサーバーにある /etc/shadow の2フィールド目と同じ指定とする。
3. /usr/sbin/pwconv を実行して、shadowファイルを有効化する。(/etc/passwdで指定したパスワード設定が/etc/shadowに反映される)

2011年5月 3日

Mailmanのデータを移行する

メーリングリストソフトであるMailmanを新しいサーバーにインストールしなおしたうえで、データだけを移行する場合には、次のディレクトリをコピーする。
/etc/mailman/
/var/lib/mailman/

移行が終わったら、正しく移行できていることをコマンドラインから確認する。
#登録済みメーリングリストを確認する
/usr/lib/mailman/bin/list_lists
#ml-testメーリングリストのメンバーを確認する
/usr/lib/mailman/bin/list_members ml-test

また、メーリングリスト管理インターフェイスとしてApacheなどの設定ファイルにも定義をしている場合には、/etc/httpd/conf.d/*.conf の移行を行う必要がある。