プロフィール

あんじー(35歳・男)

石川県出身石川県在住
ソフトウエア開発技術者(2004)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)(2006)、ネットワークスペシャリスト(2012)
情報セキュリティアドミニストレータ(2008)
データベーススペシャリスト(2010)
LPIC Level3 Security(2015)
ORACLE MASTER Oracle Database 11g Bronze(2011)
プロジェクトマネージャ(2014)
日商簿記2級(2015)
2級FP技能士(2016)
ITサービスマネージャ(2016)
Perl・PHPを利用し、正規表現を使ったデータマイニング処理を得意とする

« 今月のネットワークの本 | メイン | /etc/aliases »

routeコマンド

routeコマンド

静的ルートの追加と削除
route add -net ネットワークアドレス netmask サブネットマスク gw ゲートウェイアドレス
route del -net ネットワークアドレス netmask サブネットマスク gw ゲートウェイアドレス

Windowsの場合には route add ネットワークアドレス mask サブネットマスク ゲートウェイアドレス
route delete ネットワークアドレス
となる

route コマンド(netstat -rでも同等)
Flags U:経路が有効 H:宛先がホスト(pppなど) G:ゲートウェイを使用 !:経路は無効

Linuxをルータで使用する場合
一時利用:echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
恒久利用:/etc/sysconfig/network に FORWARD_IPV4=yes
とする。



トラックバック

トラックバックは本サイトの紹介(リンクがあれば可)があるものに限り受付いたします。このエントリーのトラックバックURLは以下のとおりです。

http://blog.development-network.net/mt/mt-tb.cgi/955

コメントを投稿