アーカイブ:  « 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月29日

電源復旧時にサーバーが起動しない

Windows 2003ServerにAPCのUPSを接続し、PowerChuteの設定において電源異常の際にサーバーをシャットダウンする、復電時にすぐにUPSを起動するに設定しておくと、UPSのコンセントを抜くとOSはシャットダウンして正しく終了できるが、コンセントをつないだときにサーバーが立ち上がらない。

いろいろ調べてみるとWindows 2000 Serverではこの現象は発生しないが、Windows 2003Serverでは発生するらしい。対処方法としては、ローカルコンピュータポリシーを変更し、[Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない]設定を有効にする必要があるとのこと。

何で仕様が変わってんだよー!

ちなみに手順は以下のとおり
1.[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]を開き、 gpedit.msc を入力してOKをクリックし、ローカルポリシー設定を開く。
2.ローカルコンピュータポリシー > コンピュータの構成 > 管理用テンプレート >システム
にある「Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない」を開いて未構成から有効へ変更する。

そうすると「コンピュータの電源を切ることができます」に変更される。

2008年3月28日

別DNSサーバーを利用してActiveDirectoryを運用する

ActiveDirectoryによるアカウント統合を利用する実験をしてみた。
なお、DNSサーバーは別のマシンにすでに立っているので、それを利用してやってみることとした。

DNSサーバーに登録しなければならないレコードは3つ。構築するドメイン名をexample.co.jp, ActiveDirectoryのプライマリサーバー名をxxx(フルドメイン名はxxx.example.co.jpとなる)、IPアドレスを192.168.0.1とすると以下のとおりとなる。

・ActiveDirectoryで構築するドメイン名に関するもの
_ldap._tcp.dc._msdcs.example.co.jp IN SRV 0 0 389 example.co.jp.
example.co.jp. IN A 192.168.0.1
・ActiveDirectoryサーバーのフルドメイン名
xxx.example.co.jp. IN A 192.168.0.1

ActiveDirectoryには統合させるマシンのコンピュータ名を登録しておく必要がある。また、通常利用しているユーザーをそのまま利用するには、そのユーザー名も登録する必要がある。なお、登録したコンピュータ名の管理者(登録したコンピュータで右クリックし、プロパティ画面を表示したなかの管理者タブで選択できる)は登録するユーザー名としておいたほうが楽。

2008年3月26日

最新のRFCは?

技術文献を見れば必ずといっていいほど出てくるRFC(Request For Comments)だが、今日はその話題。

http://www.ietf.org/iesg/1rfc_index.txtを見ればどこまで登録されているかが分かる。

ちなみに3/26時点ではSTANDARDのRFCはRFC5234 Augmented BNF for Syntax Specificationsである。ABNFについて記述されたものだが、残念ながらよくわからないのが正直なところ。

すこし時間をとってゆっくり見てみたい。

2008年3月 8日

Movable Typeをアップグレードする

Movable Typeを3.33から4.1にアップグレードしてみた。
なお今回は、/var/www/ にMT-3.33-jaがあり、MT-4.1-jaをコピーして動かす場合について説明する。また、データベースにはMySQLを使用しておりmtデータベースに保存されているものとする。

#作業ディレクトリでzipを解凍し、移動する
unzip MT-4_1-ja.zip
mv MT-4.1-ja /var/www/
cd /var/www
ls -l
ls -l MT-3.33-ja/
# 3.33のmt-config.cgiはそのまま利用できるので、コピーする。
cp MT-3.33-ja/mt-config.cgi MT-4.1-ja/
cd MT-4.1-ja/
# 念のためバックアップを行い、正しく保存されていることを確認する
mysqldump -u root -x --password=(パスワード) mt --default-character-set=binary > /tmp/mt.sql
less /tmp/mt.sql
# apacheの設定ファイルを変更し、以下のディレクトリの所有権を変更する
chown apache.apache /var/www/MT-4.1-ja/mt-static/
chown apache.apache /var/www/MT-4.1-ja/mt-static/images/
# 自分でインストールしたpluginがあればコピーする
cp -pR ../MT-3.33-ja/plugins/GoogleSearch/ plugins/
cp -pR ../MT-3.33-ja/plugins/Mobile plugins/

#Apacheの設定ファイルを書き換えてApacheの再起動を行う
Alias /mt /var/www/MT-3.3-ja/

Alias /mt /var/www/MT-4.1-ja/

これでmt.cgiにアクセスすれば自動的にアップグレードが始まる。

なお、アップグレード成功後、ブログの設定においてコメントのCAPTCHAプロバイダの設定欄に

CAPTCHAプロバイダがありません CAPTCHA プロバイダがありません。Image::Magickがインストールされているか、またCaptchaSourceImageBaseが正しく設定されていてmt-static/images/captcha-sourceにアクセスできるか確認してください。

と表示される場合には、mt-check.cgiにアクセスしてImage::Magickがインストールされているかどうか確認する。もしインストールされていないようであれば、

yum install ImageMagick-perl

を実行してインストールする。

SaaSとASPの違い?

もうだいぶ古いネタなのかもしれないが。。。。

【徹底討論!?】SaaSとASPはどこが違うのか?によればこれらの大きな違いはなく、ASPが失敗したため、別の名前に変えたという結論になっている。

SaaS(Software as a Service)

コメントにはいろんな人の見解があり、

画面ではなくサービスそのもののカスタマイズができることを前提とされていることや、その他のWebサービスとの連携を実現することを前提として設計されていることからWeb2.0的なASPである。

といったものがある。
また、Wikipediaには、

ソフトウェアをサービスとして提供するソフトウェア販売の新しい形である。具体的には、従来の「ライセンシング」という形でパッケージソフトを販売し収入を得るのではなく、ソフトウェア機能をインターネットを通じて「サービス」として提供し、月額使用料というような形で収入を得る事業モデルである。
という説明になっている。

ASP(Application Service Provider)

Wikipediaでは

業務用のアプリケーションソフトをインターネットを利用して、顧客にレンタルする事業者あるいはサービスを指す。利用者はインターネットに接続された環境で、ブラウザソフトを使ってASP事業者のサーバにアクセスし、ASP事業者から提供される各種アプリケーションソフトを利用する。

この両者はほぼ同じ意味合いであり、パッケージをそのままサーバーにおいて、各顧客にレンタルするのがASPで、それを一歩さらに追求して、顧客ごとにカスタマイズできたり、機能を追加できたりするのがSaaSなんだろうか??

2008年3月 4日

HTTPプロトコルの誕生は1997年?

日経ネットワーク3月号より。。。

みんながファイルの転送に使っているFTPプロトコルが1970年にできた技術だなんて聞いたらびっくりするかもしれない。

telnet 1970年
SMTP 1981年 メールのやりとりにはかかせない
POP 1984年
DNS 1987年 mixi.jpでMixiのサイトが表示できるのはこいつのおかげ
SNMP 1989年
NAT 1994年
IPv6 1996年
HTTP 1997年 ホームページを見るためにかかせない
SIP 1999年

意外なのはHTTPプロトコルが1997年とかなり遅い一方で、IPv6やNATが1997年よりも前にできているということだ。インターネットが普及し始めた頃からアドレス不足を予言した人がいて、NATは急速に普及したもののIPv6は未だ広まらず。。。

みんながよく使っているIP電話にかかせないSIPはもう仕様が決まってから9年もたつんだなぁと関心。

予断ですが、HTTPが1997年だなんて絶対おかしいと思っていたら、HTTPはRFC2068(http://tools.ietf.org/html/rfc2068)で定義されていて、この文章が1997年に作成されているので、間違いないらしいです。本当にびっくりな話でした。

2008年3月 1日

新サイトのリリース

真新しいサービスというわけではありませんが、いろんなニュースサイトや情報発信サイトの内容を携帯やZERO3などで一覧で見ることができるサイトをオープンしました。

ただ普通に見るだけなら、mixiのニュース一覧を見ればいいんですが、メールアドレスを登録するとその日に話題に上がったキーワードからニュースを調べたり自分の注目しているキーワードが配信されたら教えてくれるクリッピング機能などを使えるようになります。

まだまだ改善途中ですので、もし興味ある方は使っていただいて、要望やバグ報告などしていただけるとありがたいです。(コメントに書いていただいてかまいません)

http://kataude.jp/introduce.html