アーカイブ:  « 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月29日

ゾーン転送のチェック

@ITに記載があるが、Windowsのクライアント端末からもゾーン情報の内容をチェックしたり、転送が正しく行えるかをチェックすることが出来る。

nslookupコマンドでインタラクティブモードに入った後
server (プライマリDNS)
ls -d (ゾーン情報を転送したいドメイン)
で調べることが出来る。

なお、Linuxの場合には、
dig @(ネームサーバー) (ゾーン情報を転送したいドメイン) axfr

2007年10月10日

DNSの変更を早く伝播させるか方法

違うホスティングサーバーにドメインを移行したりするときには、DNS情報が早く切り替わったほうがメールが旧サーバーと新サーバーにばらばらに届いたりする時間を短くできる。さて、DNSの変更をできる限り早く伝播させるにはどうしたらよいか?

キーポイントは、TTLとSOAレコードのRefreshにある。TTLについては、DNSのTTLで記載をしているが、SOAレコードのTTLではなく、$TTLの値を変更しておかなければならない。この時間は、セカンダリDNSを除くDNSサーバーがDNS情報に対する問い合わせ結果を保持している時間となる。

$TTLをいくら変更しても、DNSがプライマリDNSサーバーを参照するか、セカンダリDNSを参照するかまでは制御できないので、セカンダリDNSの情報をいかにはやく更新するかもポイントになる。(プライマリDNSの情報が更新されても、セカンダリDNSの情報が更新されず、その古いDNS情報を全世界のDNSサーバーのうちの一部が参照しているからだ)

@IT SOAレコードには何が記述されている?にもあるが、セカンダリDNSが定期的にプライマリDNSからデータを更新し続けることができてさえいれば、その更新間隔は、Refresh値に基づく。SOAレコードのTTLはDNS情報がないということを保持している時間でしかない。

まとまると、引越しをするにあたって必要なのは、$TTLとSOAレコードのRefresh値を短くすればするだけ良い。しかしながら、$TTLを短くしすぎると更新負荷が急激に上がる。ただ、SOAレコードのRefresh間隔は短くしておいてもゾーン情報のコピーがされるセカンダリサーバーの数が限られているので、さほど負荷は上がらない。(自分の管理していないサーバーで勝手にゾーン情報をコピーしているようなサーバーがなければの話だが。。。)

たとえば、$TTLを1800秒、Refresh値を600秒とかにしたらどうだろうか?もし変更したらしばらくはサーバーの負荷をチェックしておいたほうがDNSの設定を変更したばっかりにサーバーダウンになるようでは洒落にならない。

findの結果をtarで固める

たとえば、10日以内に更新されたファイルの差分をtar.gzで固めたい場合、
find ./ -mtime -10 | xargs tar zcvf hogehoge.tar.gz
とすればよい。但し、ファイル名にスペースが含まれる場合などはtarで固める場合に、スペースが区切り文字とみなされてしまうので、対策が必要。

2007年10月 2日

リモートのOracle DatabaseにSQLPlusから接続する

リモートのOracle DatabaseにSQLPlusから接続する方法について2通りある。

1.sqlplus (username)/(password)@(ネットサービス名)
リモートのリスナー名の登録は、Net Configuration Assistantを使って以下の手順にて登録できる。
(1)ローカル・ネット・サービス名構成を選んで次へを押す
(2)追加を選んで次へを押す
(3)サービス名にリモートのOracle Databaseがインストールされたマシンで登録済みのネットサービス名を入力し次へを押す
(4)プロトコルを選んで次へを押す
(5)ホスト名にIPアドレスを入力して次へを押す
(6)テストして登録を完了する

2.sqlplus (username)/(password)@(IPアドレス):1521/(ネットサービス名)
ここのネットサービス名はリモートのOracle Databaseがインストールされたマシンで登録済みのネットサービス名となる。1の方法でつないだ場合に「リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません」が表示される場合には、この方法を試して、リモートサーバーへまず接続できるかどうか試してみると良い。但し、Oracle 10g以降でサポートされた書式なので、9i以前では使用できない。

ORA-12638: 資格証明の取出しに失敗しました

データベースインストール時に発生した問題。インストレーションガイドが役に立ちます。

TNSリスナーサービスが権限不足で起動できないために起こり、
ORA-24323: 値が許可されていません。
ORA-28547: サーバーへの接続が失敗しました。Oracle Netの管理エラーの可能性があります。
についてもあわせてエラーが表示されました。

もしAdministratorグループに所属していないユーザーにて実行している場合には、Administratorグループによるインストールを試してみると解決するかもしれません。(僕の場合には解決しました)

Resin

ValueCommerceも広告配信サーバーとして利用しているアプリケーションサーバー。とても高速で、PHPも稼動させられるらしい。

2007年10月 1日

Windows Home Server発売

Windows 2003 R2をベースとした家庭向けサーバーOSが9月29日に発売されたようだ。
ITProによれば、UIの改善で設定が限りなく簡単になり、バックアップに関しての知識がなくても正しくバックアップを取得でき、ドライブの概念がなくなったという。

今まであたりまえの知識が必要なくなったという意味では、非常に面白い製品といえる。ユーザーはどこにデータを置いたかどうかなんて意識することなく、簡単に目的のデータを探すことが出来るというのは、インターネット上で高速で検索できるようになった検索サイトGoogleが出来たのと同じくらいの衝撃があるかもしれない。