アーカイブ:  « 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年4月27日

パーティション内のデータの抹消方法

dd if=/dev/urandom of=/dev/hda1
dd if=/dev/zero of=/dev/hda1 count=512 ランダムにすべての領域を書き込み、最初の512バイトをヌルバイトで書き込むというもの。なぜ最初の部分をヌルバイトで書き込むかというと、乱数の初期値が分かることで乱数パターンが分かってしまうから。ただデータはどちらにしても復元はできない。

2006年4月25日

phpの自身のプロセス数の取得

echo system("ps -ef | grep -w $argv[0] | grep -cv grep");

2006年4月 8日

SQLite

SQLiteを試してみました。
PHP5からはデフォルトで入っていますが、Windows上で実行する場合には
cgi.force_redirect=0
を設定(IISの場合)し、
extension=php_pdo.dll
extension=php_sqlite.dll
を有効にする必要があります。
もしコンソールからSQLiteを実行する場合には
http://www.sqlite.org/download.html
からダウンロードしますが、PHPのサポートは SQLite 2です。SQLite 2 と 3 では互換性が残念ながらありません。

2006年4月 5日

postgres.confの別の見解

postgres.confの設定のやり方に別の見解が載っていたので紹介する。
・share_bufferは大きくとりすぎないで10000程度にする。
・effective_cache_size 32768
・random_page_cost 3
・wal_sync_methodをいろいろと変更してみる
詳しくは
http://www.thinkit.co.jp/cert/marugoto/2/1/11/2.htm

2006年4月 2日

セキュリティウォリア―敵を知り己を知れば百戦危うからず

セキュリティウォリア―敵を知り己を知れば百戦危うからず

リバースエンジニアリングの手法を中心に前半は説明が続いており、興味のある人には詳しく説明されいて良いと思う。

自分がこの本を読んでよかった点は、当たり前が当たり前でないという別の認識ができたことだと思う。

たとえば、「ソフトウエアのライセンスキーを入力するような場面では、製造元は適当に入力しても正しいライセンスキーが入力されないようにロジック開発に苦心しているが、そもそもライセンスキーを比較するというロジックが無効にされてしまうようなことがあれば、まったくもってそれらは無意味であるということである」などです。

4,800円とかなり高価な書籍ではあるが、読んでも損はないと思います。

2006年4月 1日

Googleが暴挙に・・・

東京ヴェルディ1969のスポンサーであるサイバーエイジェントのサイトがGoogleの登録からはずされてしまった。
非常に小さなIFRAME中にリンクを並べたページを配置したのが原因らしい。スパム行為認定・・・。にしてもGoogleの行動に怯えながらサイト運営を行う必要があるなんてGoogleが認知され始めた6年前には思っても見なかったわけで。時代の流れは早いものである。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20099674,00.htm?tag=blogger.cb