LPIC Level1試験受験(102)

先週に引き続きLinuxの認定試験LPICを受験した。
今回受験する試験は、前回と異なり102試験であり、先週合格した101試験と合わせて合格することでLPIC Level1認定となる。
やはり今回も入力する試験が多かったように感じる。
前回の反省から出題範囲をhttp://www.lpi.or.jp/exam/200808-102.shtml を確認して受験したが、重要度はあまり参考にならないようだ。
重要度4の「105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する」は2問しか出ないにもかかわらず、重要度2の「105.3 SQLデータ管理」や「106.1 X11のインストールと設定」、「106.2 ディスプレイマネージャーの設定」もそれぞれ2問ずつ出ていた。
今回も見直しを1度行って、恐る恐る試験終了ボタンを押したところ、
あなたの得点:580
必修合格点:500
結果:合格
という内容が画面に表示され、ほっとした。 (今回も580点だった)
しかし、セクションごとの正解率は
Shells, Scripting and Data Management・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60%
User Interfaces and Desktops ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100%
Administrative Tasks・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75%
Essential System Services・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60%
Networking Fundamentals・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71%
Security・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・55%
Shells, Scripting and Data Management、Essential System Services、Securityは合格ラインに達していないので、LPIC2受験勉強に当たっては、さらに細かく習得しなければならないだろう。
大学の時以来一切触っていなかった、GUIに関する正答率が100%だったのは意外だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です