サムライファクトリーのSEO対策

SEOというキーワードで一番最初に出てくる会社がサムライファクトリーのSEOコンサルページだ。なぜSEOというキーワードで一番上に来るか調べてみたところ、受託開発のサイト?の一番下に

<script src=”http://j8.shinobi.jp/ufo/09866230c”></script>
<noscript><a href=”http://www.ninja-systems.com/” target=”_blank”>
<img src=”http://x8.shinobi.jp/bin/ll?09866230c” border=0 alt=”SEO”></a></noscript>

というものが含まれていた。一歩間違えるとスパム認定受けそうな対策がされている。どんなコンサルティングをしてもらえるのか非常に興味を持ってしまった。

Googleにおける被リンク数の重要性

なぜかこのブログのGoogleにおける検索結果の順位が上位であることが多い。
たとえば、「is 書き込み」というキーワードは掲載順位が2番目だ。またPHP関数の「array_merge」での検索順位は7番目とかなり高い。
嬉しいといえば嬉しいのだが、原因を冷静に探すとおそらく被リンク数とリンク元のPageRankが影響しているとしか考えられない。Googleの検索アルゴリズムはきわめて奥が深い。

トラックバックとPageRank

今日このブログのトップページのPageRankが3になっていたことに気づいた。
ただ、被リンクは自サイトのみということになっている。
Google Sitemapへの登録によって確実にインデックス数は増えているもののPageRankが3になる理由は思い当たらない。
おそらくトラックバックによる影響だろう。現在トラックバックをしているのは、CNET JAPANIT Mediaだったりするわけだが、最近Blog Pingを送るようにもしているので、(検索結果には出てこないが)PageRankの高いサイトからの被リンク数が増えたことが大きいのかもしれない。
やはりトラックバックというのは無視できないようそのようだ。

“トラックバックとPageRank” の続きを読む

Movable Type + Google Sitemap

Moveble TypeをGoogle Sitemapに登録させるためのテンプレートの作成方法がTOTAL WEB紹介されていた。
以下をインデックステンプレートに登録し、出力ファイル名でつけた名前で呼び出せばよい。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84″>
<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml=”1″$></loc>
<priority>1.0</priority>
</url>
<MTCategories>
<url>
<loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml=”1″$></loc>
</url>
</MTCategories>
<MTEntries lastn=”9999″>
<url>
<loc><$MTEntryPermalink encode_xml=”1″$></loc>
<lastmod><$MTEntryModifiedDate utc=”1″ format=”%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ”$></lastmod>
</url>
</MTEntries>
</urlset>

ちなみにこのブログのインデックスは http://blog.development-network.net/ung/sitemap.xml である。

“Movable Type + Google Sitemap” の続きを読む

サイトの登録先

サイトを新しく立ち上げた際に、SEOの観点からすべき内容は・・・

1.クロール対象となるように登録する。(インデックス登録してもらう)
これはそもそもエンドユーザーからサイトを見つけてもらうために必要となる作業である。
Google
Yahoo(会員登録が必要)
MSN

2.PageRankをあげるために、PageRankの高いサイトから登録してもらう。
・たとえば、Yahooカテゴリサーチ
・たとえば、JOY

3.PageRankがなければクロール範囲が限定されてしまう可能性があるので、効率的に全てのページをインデックスしてもらうようにする
Google Sitemap

4.SEOからSEMへ切り替えを行っていく
Overture
Google Adwords
Adwordsの方が機能や操作性は充実しているが、日本のユーザーにおいては、使用される検索エンジンがGoogleよりもYahooの方が多く、Yahooに広告出稿を行っているのはOvertureであることに注意。

SEOのおもしろ情報

以下のキーワードで検索してみよう
18歳未満 ・・・ Yahoo Japan
ダメルコ ・・・ メルコ
エロデータ ・・・ アイオーデータ

awstatsを試してみた

ログ解析ソフトはずっとanalogを愛用してきたが、awstatsが高速に処理できる上にかなり綺麗であるので、試してみました。
生成の速度が早いこともあり、動的に過去のログも表示できるのだが、IIS環境下に限っては問題がありそうだ。まず、デフォルトの拡張IISログでは解析できない。ドキュメンテーションを見ると、オプション指定に制限があるらしい。
具体的には以下のように変更すると良い
(W3C拡張ログ形式)

date
time
c-ip
cs-username
s-ip
s-port
cs-method
cs-uri-stem
cs-uri-query
cs(User-Agent)


(変更後のログ方式)

date
time
c-ip
cs-username
cs-method
cs-uri-stem
cs-uri-query
cs-status
sc-bytes
cs-version
cs(User-Agent)
cs(Referer)

次に、analogでいう、LOGTIMEOFFSETの項目がない。これはIISがGMTでの時刻を記録するためで、これを調整するために項目がないと。。。
まぁ、IISがGMTで保存すること自体が問題なわけですが。

Googleが暴挙に・・・

東京ヴェルディ1969のスポンサーであるサイバーエイジェントのサイトがGoogleの登録からはずされてしまった。
非常に小さなIFRAME中にリンクを並べたページを配置したのが原因らしい。スパム行為認定・・・。にしてもGoogleの行動に怯えながらサイト運営を行う必要があるなんてGoogleが認知され始めた6年前には思っても見なかったわけで。時代の流れは早いものである。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20099674,00.htm?tag=blogger.cb