6度目の受験で

ようやくITサービスマネージャ試験に合格することが出来た。
受験番号 SM542-0616 の方は, 合格 です
午前Ⅰ得点 78.20点
午前Ⅱ得点 84.00点
午後Ⅰ得点 89点
午後Ⅱ評価ランク A
平成21, 22, 25~28年と6回受験して、いままで午後IIの論文ですべてランクB以下で不合格だった。
今回は、プロマネ合格してから2年経過してしまい、午前I免除がなくなったため、午前I免除資格さえ受けられればいいかなと思っていただけに、正直嬉しかった。
いままで落ち続けていた論文問題に合格できたのは、問題に恵まれたこととよりリアリティのある?論文にできたこと、2Bの鉛筆を使ったことも寄与したのかもしれない。

PMBOK

プロジェクトマネージャ試験や、PMPを取得する上で押さえておかないといけないPMBOKだけど、要約しているサイトがあるので、紹介。
PMBOK 第4版ガイド

5度目の受験

も不合格だった。また論文で。
受験番号 SM542-1113 の方は, 不合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点 84.00点
午後Ⅰ得点 63点
午後Ⅱ評価ランク C (内容が不十分である)
今まで論文の評価ランクがBだったにもかかわらず、今回はCになってしまった。
題意に沿ってなかった可能性はあり得るが、ちょっと凹む。

4度目の受験

も不合格だった。それもすべて論文で。
受験番号 SM542-1404 の方は, 不合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点 72.00点
午後Ⅰ得点 67点
午後Ⅱ評価ランク B (合格水準まであと一歩である)
合格率は12.5%、合格平均年齢は38.5歳。
午後IIの分布は
A 492名
B 354名
C 105名
D 237名
で昨年と同様の傾向。
なので、約500人という合格者の閾値に入る論文かどうかがAランクかBランクかを決めているような状況と思われる。
改めて午後IIの問題を確認してみたが、おそらく問題のテーマに沿った回答ではなかったことがB判定だったのだ(と思いたい)。
2つのテーマより1つを選択して自分の準備している論文テーマにどれだけ合わせられるかが課題だけに、より多くのテーマにあった論文作成のトレーニングが、本試験に関係なく今後も重要だと痛切に感じた。
今年はプロマネのみ合格できたが、ITサービスマネージャは何としても取得したい資格であることに変わりはない。来年は、システム監査+ITサービスマネージャの受験を目指したいと思う。

3回目でようやく合格

3回目の受験でようやくプロジェクトマネージャ試験に合格できた。
論文試験では初めての合格と言うことで、正直うれしい。
受験番号 PM541-0029 の方は, 合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点 84.00点
午後Ⅰ得点 83点
午後Ⅱ評価ランク A(合格水準にある)
論文対策は次がポイントだと感じた。
1.論述しようとしている対象(プロマネの場合には、プロジェクト)が文章から読み取れること(当り前なのだが、何も知らない人が文章だけで内容を読み取れることが重要)
2.試験区分に応じたキーワードに沿っていること(プロジェクトマネージャに求められているキーワードが含まれていること)
3.リアリティがあること(2を満たそうとするとどうしても教科書的になってしまうが、それでは自分がやった工夫があまりにも他人事ぽく感じられてしまう)

プロジェクトマネージャ試験

今年で3回目の受験になるはず。
昨年は午後Iで不合格になった。
今年は午後Iの手ごたえはあったが、午後IIは準備していた(?)論文テーマに全く合致せず、出来栄えはかなり怪しい。
今年から午後IIは3問から1問の選択ではなく、二者択一になってしまった。。。
午前IIはPMBOOKの出題領域がやたらと広くなったように感じたこと、過去問からそのまま出ている問題が多く、過去問をやりこむことが重要だと強く感じた。自己採点では、84点だった。

3度目の正直

とはならなかった。
ITサービスマネージャ試験。
受験番号 SM541-0319 の方は, 不合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点 (免除)
午前Ⅱ得点 76.00点
午後Ⅰ得点 83点
午後Ⅱ評価ランク B (合格水準まであと一歩である)
県内受験者は28名いたが、全員不合格。
合格率は12.2%、合格平均年齢は38.1歳。
午後IIの分布は
A 494名
B 367名
C 106名
D 232名
あとどれくらいでAになるのかというフィードバックがないだけに試験対策がしずらいのも論文試験の難しいところか??
合格平均年齢からするとあと少なくとも3年くらいはもがきなさいという意味だろうか?
ちなみに過去2回とも午後IIの論文で落とされている。
(以下Mixiの過去の日記より)
○2010年
受験番号 SM325-1751 の方は, 不合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点 92.00点
午後Ⅰ得点 69点
午後Ⅱ評価ランク B(合格水準まであと一歩である)
○2009年
受験番号 SM325-2744 の方は, 不合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点 (免除)
午前Ⅱ得点 72.00点
午後Ⅰ得点 62点
午後Ⅱ評価ランク B (合格水準まであと一歩である)
今回は、会社で対策講座を開いてもらって、論文の添削をしてもらっていてかなり自信はあったのだが。。。。
論文試験は合格できる気がしないのは気のせいか。。。。
今年はプロマネ、簿記、ITサービスマネージャ  いろいろ試験勉強やったけど、実を結ばない残念な一念だったなぁ。
次回はまた懲りずにプロマネに挑戦!

スマートフォンの脆弱性

今日ニュースでスマートフォンの脆弱性を取り上げていた。
ニュースでは、検証アプリをダウンロードして、位置情報を入手するとともに電話を攻撃者にかけさせ盗聴器として利用するだけでなく、カメラを制御して現在の利用者のカメラから見える画像を入手する方法を見せていた。
誰も検証していないアプリを簡単にダウンロードできてしまうし、アプリがスマートフォンの機能を広範囲に利用できてしまうので、悪意あるアプリを利用者がダウンロードしてしまうと手がつけられない。
あまりにもスマートフォンが爆発的に広がりすぎて、セキュリティ対策が追い付いていない(&利用者は今までの携帯と同じように利用してしまうので、重要視されていない)ことが気になる。
コンピュータにはウイルス対策ソフトを入れるのになぜスマートフォンには入れないのだろうか?
利便性とセキュリティは相反するものだが、そもそもセキュリティに対する意識が高いとはいえない現状において(周りで流行ってるからと)スマートフォンを簡単に購入してしまう状況にセキュリティアドミニストレータの立場としては気になってしょうがない。

Oracle Master Database 11g Bronze(1Z0-051:SQL基礎I)

を今日オンラインで受験した。
結果は、69点で何とか合格した。
SQL基礎だが、Oracle Database専用の文法などもあり、テクニカルエンジニア(データベース)を持っていても全く歯が立たない。
王道は、問題集を解きながら、実際にOracle Databaseを触るしかないというのが結論。
Oracle Master Bronze認定となるためには、1Z0-018J DBA 11gも合格しなければならない。

ITサービスマネージャ試験合格発表

受験番号 SM325-1751 の方は, 不合格 です
午前Ⅰ得点 ***.**点(免除)
午前Ⅱ得点 92.00点
午後Ⅰ得点 69点
午後Ⅱ評価ランク B(合格水準まであと一歩である)
昨年に引き続き午後II試験がB判定。
午後IIの論述式試験の対策を根本的に見直さなければならないと思った。