土地総合情報システム

オイコノミアで紹介されていた土地、不動産の取引情報が分かるサイト
石川県のような田舎はほとんど掲載がないのかと思ってみたら、かなり情報が登録されていて、びっくりした。
恐る恐る購入した土地の近くの相場を調べてみたらほぼ平均値に近い金額で購入できていたので、とりあえずほっとした。(もっと安く買えたはず?)
新しく不動産を購入しようと思っている方は、情報の非対称性が少しでも解消できるようにこのサイトを活用してみるとよいと思う。

SSL(TLS)通信について

TLSはHTTPSプロトコルやFTPSプロトコルをはじめとした、多くの暗号化通信において、トランスポート層にて利用されている。
今回、太陽光発電のリモコンが集計サーバとうまく通信できていないことの原因を調べるため、RTX1200のポートミラーリング機能を使ってパケットをキャプチャしてみたところ、
Enrypted Alertメッセージがリモコンから集計サーバへの通信時に発生したことを契機にサーバ側から通信が切断(FINフラグが設定)されていることがわかり、原因調査のためにいろんなサイトを探してみた。
Enrypted Alertメッセージが発生した原因は、WiresharkでSSL通信の中身を覗いてみるによれば、Wiresharkにて集計サーバの秘密鍵がないことによって発生しているようで、
なぜうまく通信ができないかの理由にはたどり着けなかったが、よい勉強になったので紹介しておく。
通信できなかった理由については、ミラーリング機能にて取得したポケットを集計サーバの管理会社へ送付し、問い合わせしてみようと思う。
参考サイト
SSL/TLS(Part.1)
HTTPSコネクションの最初の数ミリ秒
SSL Troubleshooting with Wireshark and Tshark (by Sake Blok)

HEMSを考察する

CEATEC 2009で展示されていた未来予想図がようやく現実化しそうである。
HEMS推進役のスマートメータはWi-SUN(Wireless Smart Utility Network/IEEE 802.15.4)という規格によって通信を実現している。
宅内にAiSEG2(MKN704)のようなものを設置することで、スマートメータの情報を収集できるほか、パルスメータを使用しているガスや、水道メータからも情報を収集できる。
スマートメータは2024年までに既存の電力メータとの入れ替えが予定されていることから、入替のタイミングにて導入することで使用電力のリアルタイムの見える化ができるようになる。
また、計測機器(Panasonic製では、スマートコスモや、AiSEG用エネルギー計測ユニット)を取り付けることで、主要なブレーカ単位の電力量を計測できるようになる。
別の使い方としては、温湿度センサーのようなものと接続することで電力、ガス、水道以外の温度や湿度情報を基に家電を制御することが出来るようになる。
ただ、家電の制御については、HEMSに対応している必要があり、2013年に引き渡しを受けた自宅の電化製品はいずれも対応していなかった。
電気メータの交換は有効期限によって順次交換されることになるということと、HEMSの助成が平成25年を最後に中断していることから、
自宅の電気メータに貼付されている有効期限は平成34年となっているので、ゆっくり考えていきたいと思う。

カラー表示パネルに r-18 の謎の表記

一条工務店の夢発電システムは、パワーコンディショナーならびにカラー表示パネルに田淵電機工業の商品を利用している。
昨年10月にパワーコンディショナー故障があり、保守に来てもらったことで判明した。(もちろん電力契約に際して、型番情報などの記載があり、メーカーは把握できる状況ではあったが、意識していなかった)
今回、マニュアルに記載のなかった “r-18” というエラーメッセージがカラー表示パネルにあったので、サポートに問合せしたところ(積雪で)3日間以上発電しない場合に表示されるメッセージということを回答いただいた。
マニュアルに記載してもらえればいいのに。。。。
大文字のRの表示は故障を示すだけに紛らわしい。

水道配管接続

水道配管が接続されていました。
水色が上水道、オレンジがエコキュートからの温水、白色は??
グレーの塩ビ配管は下水へ接続されていました。
水道配管設置.JPG

特に変化なし

手前は玄関部分。思いのほか狭く感じる。
9/28に基礎が完成してからしばらくは作業しない養生期間をおくそうです。
養生期間を置くことによって、ひび割れなどを防ぐことができるとの話でした。
玄関部分.JPG

勝手口造成

家自体の基礎は完成し、その他玄関部、勝手口、エコキュート設置部分に砂利を流し込み、その上にコンクリートを流して完成させる。これらの部分には鉄筋が入らない。
玄関部造成.JPG
勝手口造成.JPG

配管埋設

昨日流し込まれていた立ち上がり部分にコンクリートが固まっていた。
また、上下水の配管が行われていて、住宅らしくなってきた。
コンクリート流し込み完了.JPG
配管埋設.JPG