リスト管理者としてそれはマズいんじゃない?!

Maimanの日本語化でメーリングリストの削除をしようとすると発生するメッセージ。通常は、
(管理ツールのURL)/rmlist/(メーリングリスト)
で削除できるが、このメッセージが出て削除できない。ただ、コマンドからは削除が出来る。
/usr/lib/mailman/bin/rmlist (メーリングリスト)
この場合には、確認メッセージ等が出ないので注意したい。

Fedora Core6 + Postfix + Mailmanではまる

Fedora Core6からIPv6のサポートが正式に始まった。これによってIPv6の環境下でもインストールを行うことが出来るようになった。がしかし、ソフトウエアがまだ完全に対応していないために思わぬところではまってしまった。
PostfixはIPv6に対応しているもののデフォルトはIPv4対応になっている。
inet_protocols = all
main.cfに設定して再起動しなければ、IPv6用に待ち受けしないので、
telnet 127.0.01 25
とやると問題ないのに
telnet localhost 25 もしくは
telnet ::1 25 とやると

Trying ::1…
telnet: connect to address ::1: Connection refused
telnet: Unable to connect to remote host: Connection refused

のメッセージが出てしまう。Mailmanはデフォルトでlocalhostに配送しようとするので、この問題で配送されない状態が続くということになる。

“Fedora Core6 + Postfix + Mailmanではまる” の続きを読む

Postfix + DovecotでPOP before SMTP

もう認証方式としてはあまり使われなくなっているらしいPOP before SMTP方式ですが、SMTP認証方式は多少なりとも初心者ユーザーへのハードルが高いことは事実。PostfixとDovecotを使ってPOP before SMTPを実装する方法がTAKEDA Hiroyukiさんのページで紹介されていました。僕の環境の場合、BerkeleyDBのCPANインストール時に
db.h: No such file or directory
で躓きましたが、db4-develパッケージをインストールすることで解決しました。

postfixの設定

postfixでMaildir形式での運用をするときには、/etc/postfix/main.cfを以下のように変更する。
#home_mailbox = Maildir/
#mail_spool_directory = /var/spool/mail

home_mailbox = Maildir/
mail_spool_directory = /var/spool/mail
また、Fedora CoreやRedhatではローカルのみメールを配送するように設定されているために、
telnet localhost 25とすると

Trying ::1…
telnet: connect to address ::1: Connection refused
telnet: Unable to connect to remote host: Connection refused

というエラーに悩まされるかもしれない。
そこで、以下のように設定を変更する。
#inet_interfaces = $myhostname, localhost
inet_interfaces = localhost

inet_interfaces = $myhostname, localhost
#inet_interfaces = localhost
それから、Fedora Core6の環境で悩まされた問題だが、inet.dの再起動に失敗して
postfix[XXXX]: fatal: parameter inet_interfaces: no local interface found for XXX.XXX.XXX.XX
というエラーが/var/log/maillogに記載されることがあるかもしれない。そのときは、
/etc/hosts
ファイルを見直すとよい。

mailmanをバーチャルホストで運用する

mailmanを日本語化するには
[/etc/mailman/mm_cfg.py]
MTA = ‘Postfix’ # メールサーバーの種別を指定
DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = ‘ja’ # 管理画面を日本語化
OWNERS_CAN_DELETE_THEIR_OWN_LISTS = Yes # 登録メンバー以外は、メーリングリストの使用を不可にする
DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1 # メーリングリスト一覧を非公開にする
DEFAULT_GENERIC_NONMEMBER_ACTION = 2 # 件名のフォーマット(記事№を付加)
DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1 # 返信先を投稿者ではなくメーリングリストにする(Reply-Toの書き換えを行う
を加える(Naoki Hirataさんのサイトを引用)
また、個人的には以下のものをオススメしたい。
DEFAULT_REQUIRE_EXPLICIT_DESTINATION = No #バーチャルドメインで運用する場合にエイリアスを張ったMLに送信すると保留されるのを防ぐ
DEFAULT_MSG_FOOTER = ” #フッターの署名をつけない
もしexample.comとvirtual.comをバーチャルホストで運用するには以下の2行も追加する。
add_virtualhost(‘www.example.com’,’example.com’)
add_virtualhost(‘www.virtual.com’,’virtual.com’)
POSTFIX_STYLE_VIRTUAL_DOMAINS = [‘example.net’, ‘virtual.com’]
そして以下のコマンドを実行し、
# touch /etc/mailman/virtual-mailman
# chown apache:mailman /etc/mailman/virtual-mailman
[/etc/postfix/main.cf]
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual, hash:/etc/mailman/virtual-mailman
とする。(引用:NTTPCの特集)
変更後は、
/usr/lib/mailman/bin/genaliases
でデータベースを反映させる。
なお、ルートパスワードは
/usr/lib/mailman/bin/mmsitepass
で変更できる。

“mailmanをバーチャルホストで運用する” の続きを読む