あの航空機事故はこうして起きた

飛行機もパソコンもコンピュータでできており操作するのが人間であるという点は同じである。ただ、ミスが死亡事故に繋がるかそうでないかは大きな違いである(コンピューターが生命にかかわるものであれば同じかもしれない)。
「あの航空機事故はこうして起きた」という書籍は発生したミスの原因を追求すべき対象が多くの場合間違っていることを教えてくれる。
(引用)
日本では「ミス」を事故の原因であるかのようにとらえる傾向があるが、「何故ミスを犯したのか」が真の事故原因である。ミスの原因を個人の「たるみ」と断じ、事故防止のための再教育と称して「精神教育」が行われることがある。「ミス」をするのは人間である以上避けられない。作業者に緊張を強いればミスは増加するのは当然であろう。いろいろな分野で安全より効率・利益が優先されて、操作をしているのは人間であることが忘れられている。
自分でもよくありがちなことなので肝に銘じておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です