Javaの教科書

Javaといえば、バージョン表記がJDK 8の場合には1.8となっていて、バージョン8じゃないのかと思いきや、そうではないようだ。Java Platform, Standard Edition 8の名前とバージョンにあるように、たとえば、Java SE 8というのは、名前であってバージョンではない。また、Java SEはプラットフォーム名であり、製品名ではない。なかなか奥が深い。

メモリ管理で悩むような(多重実行時にスワップするような)場合には、Oracleドキュメントを参照すると良い。

Eclipse4.4ではじめるJavaプログラミング入門Eclipse4.4Luna対応

Java SE 8に対応した書籍。
Tomcat8についての知識を少し学んでおきたいと思ったが、プログラミング入門というだけあって、肩透かしを食らった感じ。ただ、Java8からGUIがSwingがJavaFXに変わったことを知れて勉強になった。また、Androidプログラミングについても記載されているので、プログラミングの導入には非常に良い本だと感じた。

はじめてのJSP&サーブレット Eclipse 3.7 Indigo+Tomcat 7対応版 (TECHNICAL MASTER 67)

Java SE 8には対応していないが、サーブレットに関する記述が多く、Tomcatについての知識を学ぶ上では良書のように感じた。参考程度だが、JettyやGlassFishについての話題についても触れられてている。少し古いが、Java 最近のアプリケーションサーバー事情(2015年)が参考になる。

詳解 Tomcat

Tomcat8に対応したオライリー社の本。Javaアプリケーションサーバの管理の視点で詳しく知る上では、この本を購入するしかないのかもしれない。書籍を読まれた方のレビュー書籍「詳解Tomcat」を読んでが参考考になる。

設計の仕事ばかりしていると、実務から離れてしまうので少しはAndroidプログラミング等行って手を動かすようにしないといけないなと痛感。。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です