ノンコミットメント型ライツ・オファリング

エ―ディーワークス社の株にて、初めてノンコミットメント型ライツ・オファリング に参加してみた。
パターン1)割り当てされた新株予約権を行使する
パターン2)割り当てされた新株予約権を売却する
パターン3)新株予約権を追加で購入したうえで、購入した新株予約権を行使する
パターン3の場合には、NISA口座での取引はできないらしく実施せず、400株をパターン1(300株)とパターン2(100株)で併用してみることとした。
パターン2の場合には、パターン1に比べてNISA投資可能枠を減らさずに利益を得られる点が1に比べて優れている。昨日の終値が1株2円だったので、新株予約権行使価額の39円に5円加えた44円が妥当なラインだろうと思って、5円指値で売却したらあっさり約定してしまった。本日の高値はなんと24円で終値は、14円だった。もったいないことをした。。。。
そもそもライツ・オファリングでの増資の場合には、株価が上がる要因なんてないはずなのに、エ―ディーワークス社の株も高値53円、終値50円で年初高の47円をあっさり更新してしまっている。
出来高がかなり大きかったので、ある意味ご祝儀相場なのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です