効率的市場仮説

Wikipediaより
市場は常に完全に金融市場における金融商品の価格がその商品の価値を決定づける情報を反映しているとする仮説。
効率的市場仮説に従えば、株式取引は株式を常に公正な価格で取り引きしていて、投資家が株式を安く買うことも高く売ることもできないということになる。すると、銘柄の選定や市場のタイミングから市場の平均以上の実績を得るのは不可能である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です