MariaDBでBLOBを取扱時の注意事項

BLOBでバイナリデータをPHPから書き込みするときにはまったポイントをいくつか。。。MariaDBでの発生事例だが、MySQLでも同様だと思う。

・BLOBは65535Bytesしか格納できない。BLOBよりも大きなサイズの格納が必要であれば、MEDIUMBLOB、LONGBLOBを利用する必要がある。
・BLOB型にデータをinsertするときにはバイナリデータをストリームのまま登録することはできないので、PHPであればbin2hex関数でいったん16進数に変換してinsertした後、selectするときにhex2bin関数で戻す必要がある。また、BLOB型で65,535byteを超えるデータをinsertすると先頭65,535byteだけが登録されてしまう(insert時にエラーにならない)ので、insert前にデータサイズのチェックが必要。
・パケットサイズを大きくする必要がある。max_allowed_packet という設定値だが、デフォルトでは1MBなので、設定値を超えるデータをinsertしようとするとエラーが発生する。mysqlで大きなファイルを保存するための設定 を参考にログファイルサイズの設定値も変更したほうが良いかもしれない。
・PHPの設定項目値として、php.ini でupload_max_filesize設定値を確認する。この値を超えたデータがPOSTされても、$_FILES[name][name]でファイル名は設定されるが、データは一時ディレクトリに保存されず、
$_FILES[name][tmp_name] は値がセットされない。また、環境によってはset_time_limit関数を使ってタイムアウト時刻を調整したほうが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です