サーバーサイドJavaを始めるために

仕事の都合上Java言語をようやく勉強することになった。
大学時代でswingなどを少しやったもののほぼサーバーサイドJavaは知識ゼロの状態である。
インターネットで調べてみるもののつかみが分からない場合には書籍に当たるのが時間を無駄にせずに済む。
いろんな書籍を探してみたが、手っ取り早く勉強するためには、Eclipse WTPではじめるサーバーサイドJava入門―Eclipse 3.3/WTP 2.0対応が分かりやすいように感じていて、今学習を進めている。
Eclipseを日本語化したPleiades 3.5を使っていると書籍のハードコピーと異なる部分があって戸惑うことがあるが、流れをつかんでしまえば体系的に学習できると思う。

カテゴリーJava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です