OP25B(Outbound Port 25 Blocking)

スパムメールによるネットワーク負荷を減らす取り組み。
プロバイダが加入者の動的IPから外部ネットワークのSMTPサーバーに25番ポートで接続できないようにフィルタリングする。これによってスパムメール配信業者は、固定IPを使わざるを得なくなるので事実上送信数を減らせる。
ただ、一般ユーザーが外部ネットワークのSMTPサーバーへ接続できないのは不便なのでサブミッションポート(587番ポート)への接続を行うことになる。
懸念材料としては、
・587番ポートで待ち受けしていないSMTPサーバーへは接続できなくなる方向に今後進んでいくので、メールサーバーを管理するサーバー管理者は587番ポートでの待ち受けを検討する必要がある。
・自宅サーバーを運営しているユーザーにおいてはSMTPサーバーの運用が事実上できなくなるので、固定IPアドレスで運用するように変更するか、OP25Bの取り組みを行わないプロバイダへ移行するか、587番ポートで待ち受けするSMTP中継サーバーの利用を検討しなければならない。
niftyのOP25B説明ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です