Linux 2GBの壁

Linuxのバックアップソフトcpioには2GB以上のファイルもしくは60kByte以上のユーザーIDをもつイメージを展開できない。
展開しようとすると「cpio: standard input is closed: Value too large for defined data type」のようなエラーが発生する。この理由は符号付きinteger(2の32乗/2-1)によるもの。
Fedora Coreでは3のパッケージ(cpio-2.5-7)でこの問題が発生するが4ではcpioのバージョンがアップグレード(cpio-2.6-7)されており、こちらでは問題が解決されている。

カテゴリーUNIX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です